イモビライザー(盗難防止装置付き)の合鍵・鍵紛失

トピックス

イモビライザー(盗難防止装置付き)の合鍵・鍵紛失

車の鍵を紛失

昔なら鍵屋さんなら意外に簡単にできた車・バイクの鍵ですが、最近はイモビライザー(盗難防止装置付き)キーの為、作成可能な鍵屋さんも限られています。高額な特殊機材や技術も情報も必要な為、この鍵を紛失した場合は料金は高いのが現状です。

イモビライザーキー作成の料金 60,000円~100,000円程度

イモビライザー付かわかならない方へ

メーター回りを見て、赤いランプが点滅している場合は、イモビライザーが付いています。
暗い所だとよくわかりますが、明るい所ですとわかりずらいので、少し窓を塞いで見て下さい。
かすかな記憶でも、夜車から降りた時に赤いランプが点滅していた記憶がある方はイモビライザー付の鍵です。

またはエンジンをかける時、プッシュボタンで始動する場合もイモビライザー付です。

なぜ、イモビライザーが付いているの?

イモビライザーは盗難防止の効果が高く、ドイツのBMW、ベンツなどについておりました。
日本でもそれが主流となりつつありますが、本当に顧客の為(ユーザー目線)になっているのでしょうか?凄く疑問です。

疑問1
1、納車時に鍵は2本しかついてこない。なぜ?
2、鍵を紛失した際に合鍵という感覚では作れない、1個2万円程度します。
3、落としたりしてしまい、鍵が割れる、壊れる可能性が高い
4、鍵を外出先で紛失した際の費用が先ほどもお伝えした通り高くなる。

そもそもイモビライザーって必要?

盗難防止装置なので、盗難されやすい車には必要です。例えば日本車で言えば、盗難率の高い車、ランクル、ハイエースなど。
盗難するグループは海外への輸出目的です。海外で人気の高い車をターゲットにして盗難をします。つまり、海外で不人気の車や大して高く売れない車は盗難されない。

★軽自動車のイモビライザー付は到底考えられない。意味がない。
海外で軽自動車を求める人はいません。新車で100万円前後の車を盗難してもリスクの方が高い。

★大衆車の100万円~200万円位の車も不要。

イモビライザーを全車種に付ける、今の傾向は本当にユーザー目線なのでしょうか?
ユーザーは知らないが故に買った後、不便を強いられるのは良くない傾向かと思います。

イモビ付エンジンプッシュスターター

 <トピックス>一覧のページへ

現在地:トップページ<トピックス>

鍵壱番とロードサービス

鍵壱番のHOME

鍵交換ページ

店舗事務所の鍵交換、鍵修理

車バイクレッカー移動

車バイクバッテリーあがり

車フロントガラス交換ページ

合鍵通販ページ

各種費用一覧

鍵屋のモバイル
会社案内のページ